就職活動では面接の練習をしておくこと

面接で徹底したいことは

転職者と新卒者が大きく違うのは、働いてきた経験や実績があることです。当然、面接では前の会社での実績について聞かれるでしょう。大事なのは、自分を飾ることなく真摯な態度で答えることです。自慢話にならないように気をつけなければいけません。40代くらいの転職者は、実績や経験が豊富と言うことから、つい自慢げに話してしまいがちです。また、経験があるから若い人より話が上手いと思い込んでいる人も少なくありません。しかし、自分は話が上手いと思っている人は、話が長いと言う傾向があります。面接では長い話はNGと言うことを肝に銘じておきましょう。

確かに、プロセスを述べることはとても重要なことです。しかし、ポイントを整理して話さないといけません。長々と話をしていても、採用担当者は相槌を打ってくれますし、感心もしてくれます。だからと言って、調子に乗ってしゃべり過ぎていては、採用されることはほぼなくなるでしょう。採用担当者は長い話を聞きたいわけではありません。応募者が話しているから聞いているだけです。また、しゃべり過ぎると墓穴を掘る可能性も高くなります。必要なことを具体的かつ簡潔に語る、面接ではこれを徹底しましょう。

Copyright (C)2018就職活動では面接の練習をしておくこと.All rights reserved.