就職活動では面接の練習をしておくこと

実績やスキルがあっても面接に受かるとは限らない

実績やスキルがあっても、面接に受かるとは限りません。40代前後の転職者は、これを肝に銘じておきましょう。企業が採用したいのは、人間関係を良好に保てる人です。実績やスキルが豊富でも、協調性がなければ採用されることはありません。とくに、中小企業の採用担当者は、協調性を重視する傾向にあります。人間関係が大企業よりも濃く、社員一人ひとりの存在が会社に影響を与えるからでしょう。ですから、採用担当者は協調性があるかどうか見極めるために、色々な質問をしてきます。よく聞かれるのは、前の会社の上司との関係でしょう。

上司との関係が良好だったのなら何も問題はありません。しかし、上司と合わなくて退職した人はたくさんいるでしょう。当然、面接で上司と合わなかったと語るのはNGです。では、前の会社の上司と合わなかった人は、どう言う風に答えればいいのでしょうか。一つ挙げられるのは、ポジティブな自己PRにつなげると言う方法です。上司と意見が食い違うこともあったが、納得してもらうために努力をしたと言うことを語るようにすることです。もちろん、努力の部分は具体的に語らなくてはいけません。これくらい強引でも問題はないでしょう。

Copyright (C)2018就職活動では面接の練習をしておくこと.All rights reserved.