就職活動では面接の練習をしておくこと

転職面接の質問長所と短所編

転職面接では、必ずと言っていいほど長所と短所について尋ねられます。短所を語ると評価が低くなるのではないかと考え、曖昧な答えをしてしまう人が多いですが、それではいけません。どんな人にも短所があると言うことを、採用担当者は分かっています。ですから、短所をしっかり答えられないとなると、評価は低くなるでしょう。ましてや、短所はないなんて言ってしまえば、採用されることはなくなります。この質問がしっかり答えられると、きちんと自己分析ができていると言うことで評価が高くなるでしょう。事前に対策を練っておくことです。

長所を語るときのコツは、具体的なエピソードを交えて語ることです。逆に短所を語るときは、具体的なエピソードを語ってはいけません。マイナスイメージが強調されてしまうからです。また話す順番も大事になってきます。ほとんどの場合、長所を語ってから短所を語るでしょう。しかし、短所で話が終わると、短所の方が強く印象に残ります。最後は必ず前向きな表現で終わると言うことを心がけましょう。思い切って短所から語ると言う方法もありです。さらに、表情も重要になってきます。内容に合った表情で話をするように心がけましょう。

Copyright (C)2018就職活動では面接の練習をしておくこと.All rights reserved.