就職活動では面接の練習をしておくこと

面接での自己PRとは

面接で必ず聞かれるのが自己PRです。自己PRとは自分という商品を企業に売り込む大事なプレゼンテーションです。自分自身の強みや売り込みたいポイントがたくさんある人もいるでしょうが、アピールポイントは1つもしくは多くても2つに絞りましょう。あまり多いと聞き手も何がその人の強みか分からなってしまいます。

自己アピールを考える際に気をつけたいポイントがいくつかあります。まずはエピソードとアピールポイントが合っているか。アピールとエピソードがバラバラだと説得力に欠けます。次に応募する企業に合わせたアピールポイントになっているかです。企業が求めている人材と離れたアピールをしても採用担当者の気を惹くことは出来ません。企業に合わせたアピールを行うためにも事前の企業研究とともに自分の強みを自己分析する準備も必要です。自己PRでは実際のエピソードを混ぜそこでどのように自分の強みや得意な点を発揮できたかを添えるとさらに良いでしょう。そのエピソード選定のときにも自ら進んで取り組み成果を残したことや努力したことをまとめてみるの良いです。自己PRを書く中で重要なのは「嘘をつかないこと」嘘をついて入社したとしてもいつかボロは出ますし、後々信頼を失うことにもなります。正直に自分の素晴らしいポイントを見つけ企業に売り込みましょう。

Copyright (C)2018就職活動では面接の練習をしておくこと.All rights reserved.