就職活動では面接の練習をしておくこと

面接官も十分分かっているが

転職希望者が前職に対して何かしらの不満を持っていると言うことは、面接官も十分分かっています。それでも、面接では前の会社で何か不満がありましたかと質問してくるでしょう。なぜ分かっているのに質問するのかと言うと、我が社でも同じ不満を持つのではないかと考えているからです。とくに注意しなければいけないのは、人間関係の不満を語ることです。これはどんな会社で存在します。前職を退職した理由が人間関係の不満だったとしても、決して口にしてはいけません。人間関係のトラブルは付き物であり、それが原因で会社を辞めようと考えたことはないと言う態度が大事です。

また、前職の仕事内容に不満があった人も多いでしょう。当然、これもそのまま言ってしまうと、面接官に悪い印象を持たれることになります。仕事内容の不満は、やりたいことを実現するための転職と言う方向に持っていくことです。また、この質問の後には、必ず突っ込んだ質問が出されます。なぜ前の会社では不満を解決できなかったのか、これはよく聞かれるでしょう。また、我が社でも同じ不満が出てこないと言い切れるかと聞かれることもあります。焦らずにしっかり対処しましょう。アピールチャンスと考えることです。

Copyright (C)2018就職活動では面接の練習をしておくこと.All rights reserved.