就職活動では面接の練習をしておくこと

面接の後半の方で出される質問と言えば

転職者が面接で出される質問で返答に困りがちなのが、強みは何かと言う質問です。自分の強みなど分からない、どう答えていいか分からないと言う人は大勢います。しかし、返答に困るのは自己分析ができていないからです。事前に自己分析をしっかり行っていれば、返答に困ることはないでしょう。また、この質問に隠された意味を理解することも大事です。この質問には、どう言うメリットを応募先企業に与えられるかと言う意味が隠されています。ですから、自己PRをすればいいわけです。もちろんですが、応募先企業にとって役に立たない強みを言っても意味がありません。

この質問は、面接の後半の方で出されます。いきなり聞かれると言うことはありません。この質問が出るまでに、仕事内容や事業展開の話が出ているはずです。それに照準を合わせて答えるようにしましょう。面接の流れの中で、企業側は何を期待しているかをいち早く察知することが重要になってきます。しかし、緊張して把握できないこともあるでしょう。その場合は、どんな業界でも共通して求められるスキルを答えることです。40代の転職者の場合、指導力や交渉力や情報活用のスキルをアピールすればいいでしょう。

Copyright (C)2018就職活動では面接の練習をしておくこと.All rights reserved.